上海からアメリカの田舎へ。夢はイギリスの大学院。


by zuo3jiu9tian
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

このモヤモヤは…

かなり忙しかった先学期が終わり、サンフランシスコに1週間旅行に行き、昨日の夜に帰ってきた。

今改めてイギリスの大学院を色々調べ始めてみたが、やはり結構時間がかかる。

IELTSがイギリスで重要なのはわかっていたが、TOEFLiBTも使えるし、IELTSよりもTOEFLiBTの方が難しいっていうのはわかっていたので、どうせだったら難しい方を準備した方がいいと思って、TOEFLiBT準備に全てを捧げた。

結果としては81点と、まずまずの点数なのかは知れないが、IELTS7.0と同じ扱いである90オーバーを取るには至らず。

さっきロンドン大学のHPを見ていたら、あくまでも条件の1つであるがIELTS7.0というのがあった。

調べを進めて行くと、ロンドン大学のコースはかなり魅力的に見えたが、これからIELTS7.0を目指すとどれくらいの時間がかかるのだろうか?

まぁとりあえずTOEFLiBTの準備である程度の英語力はついたので(あくまで試験用の)、数週間でそれに近い点数を取れるようになるかもしれないが、そうすると何で最初からIELTSの準備をしなかったんだ、と少し後悔をしそうな気がする。

大学院のコースも9月開始なものが圧倒的に多いし、2012年の9月入学に目標を切り替えれば、もっと楽に準備も出来ていいかもしれないが、あくまで目標を下方修正しただけに過ぎない気がして、あまり気が進まないのも事実。

でも2012年1月開始だからといって、大して行きたくもない大学院に行くのもやはりない。

もう今更年齢の事を気にしても仕方がないのかもしれないけど、2012年の9月開始のコースに入ると卒業時点で26~27歳くらいか。

なんか半年だけ時間を巻き戻せたら、もっと色々上手くいく気がする。

改めて2009年の7月からほぼ丸一年と2011年の最初の3ヶ月を無為に過ごしたのが痛い…

いくらアメリカにいる間に誰にも負けないくらい頑張っていても、あまり努力が出来なかった中国時代の最後の2年間と、無為に過ごした時間、授業が昼からだからと遅くまで寝てしまっているような、後ろめたいような感情があるせいでモヤモヤが晴れない。

完璧主義でないくせに、中途半端に完璧を求めてしまう自分の性格が問題なんだろう。
[PR]
by zuo3jiu9tian | 2011-06-21 18:38 | 在美国

San Francisco Trip!!! and........

6/13~6/19までSan Franciscoに行ってきた。
以前に行ったSeattleよりも個人的には好きな都市だった。
路面電車が走ってたりとか、ちょっとだけ広島っぽところもね。
一週間も勉強から解放されて休んだおかげで英気が養われた気がする。
またこれからも頑張っていけそう。


今週からはもう新学期も始まるし、イギリスと早めに連絡を取ってアクションを起こさないと。
9月から行きたい気持ちもあるけど、せっかく出来た友達とそんなに早く離れたくもない。
でもやっぱり早いに越したことはないから、行けるなら9月からGOだ。

明日、多分新しいルームメイトが来るっぽい。
名前はtienって書いてあった、名前は中国人っぽい。
summer quarterはどうなることやら。


[PR]
by zuo3jiu9tian | 2011-06-20 18:57 | 在美国