上海からアメリカの田舎へ。夢はイギリスの大学院。


by zuo3jiu9tian
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

なんだ、この寒さ・・・

今窓に面した机の上でブログ書いてるけど、窓のすきまから冷気が入ってくる彡(-_-;)彡ヒュー

上海は想像してた以上に寒い、寒いだけならいいけど急に寒くなるから困る( ´△`)


日本から上海に来た時、飛行機から降りた瞬間「もわー」って感じがした。
言葉では説明しにくいけど、とにかく異様に熱かった´´(;´ρ`A)

それもすぐ終わって、今度は一気に涼しくなった。
大急ぎでシャンヤン(激安偽物市場)に秋服買いに行った記憶がある('〇';)


でもその涼しさも土曜の夜に終わった(ノ_-;)ハア…

土曜にみんなで韓国料理食べに行ったときは夜はほとんど寒くなかった。
体感気温にして10度くらいかな。
でも日曜の夜、寮のロビーから出た瞬間ほんとびびった。
今までと寒さの次元が違った(ノ゜⊿゜)ノ
体感気温にして5度くらい。

ちなみに昨日の上海は最高6度、最低はマイナス行ったらしいので
夜は体感気温よりもうちょっと寒かったかもしれない・・・
学校の小さな池も凍ってたし・・・


いくら寒くなってもいいんだけど、いきなりだから困る・・・

没有衣服(服がない)から・・・



上海の寒さをナメてた僕は大した準備もしないで冬を迎えたので、超後悔してます。
今日なんて、長袖のポロシャツで学校行ったんだけど、
教室に入った瞬間みんなから失笑されてしまった。

先生からも「なんでそんなに薄着なの?」と笑われながら聞かれたけど理由はただ一つ。

没有衣服


学校から帰る途中も、道行く人から振り返って見られたりした・・・
寮の門官の人には指差して笑われてた。


まあ没有衣服の原因は、
没有钱(金がない)…にあるわけで、今日は100元もする電話カード買って、
即行妈妈(母親)にすぐSOSの電話。

「金ないから送って」

「いくらほしいの?」

そういう風に言われると自分から「●万円」とは言いにくい・・・

「まあ、妈妈に任せるよ」

「なら2万だね」

そんなんで足りるはずない…もうこんな極貧・激寒生活はヤダ(((゛◇゛)))カタカタカタカタ

「それじゃ足りないよ、せめて6万くらいはちょーだいよ」

「そんな金あるわけないじゃない、爸爸(父)が十数万もするゴルフクラブ買ったのに…」

………は??ほんとうちの爸爸はバカなやつです。
そんな高いクラブ買うとか気が狂ってます。


詳しく聞くと、最近宮里藍ちゃんに影響うけまくりだそうです。
それで「やっぱ藍ちゃんはええクラブ使っとるのお」と思って買ったそうです。
「うちと宮里家では収入が違うっつーの」って言っても気にしてないようでした。…バカです。
んでそのクラブ使って、山口の湯田温泉に
1泊2日のゴルフ・温泉旅行に行ってちゃっかり優勝してしまって
「やっぱゴルフは道具からじゃのお」とか調子に乗ってました…バカです。
優勝って言っても身内のゴルフ大会だけど…

それからしばらくケンカ交渉して、7万円送ってもらえることになりました。
バカ高いクラブを買った爸爸が自分の小遣い2万円の内2万円送ってくれるそうです(o・∇・)o
なんかクラブ買ったことを妈妈に謝ってて、責任とって少し送金しろって言われて
自分に2万も送金してくれることになったみたい。ちょっとかわいそうだった・・・


でも、爸爸とは仲いいので最後には笑ってて、

「お前、そりゃーわしの1か月の小遣いなんじゃけえ、つまらん土産だったらしばくけえの」


みたいな冗談も言ってた(本気?)のでOK。

金が届くまではみんなに失笑されながら、必死に寒さと戦いたいと思います。
基本的に学校以外では外に出ません、引きこもります。
それでは、また次回ブログで!!
[PR]
by zuo3jiu9tian | 2005-12-06 21:28 | 在上海