上海からアメリカの田舎へ。夢はイギリスの大学院。


by zuo3jiu9tian
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

次なる土地に

3/28にまたアメリカにやってきた。
州自体はワシントンで大きいが、選んだ場所はまたしてもど田舎な町。
日本で過ごしたほぼ3ヶ月はまたしても後悔するような生活だった。
これからは死ぬ気で頑張らないといけない。

アメリカ人ルームメイト2人と一緒に寮に住んでいる。
自分の部屋などなく、ベッドは2段ベッドの上。
まさか中国にいた時以来の、プライバシーほぼ0の生活をすることになるとは思ってなかった。
まだルームメイトともそんなに仲良くなれてないから、これから頑張って行こう。

授業自体は、以前の学校よりぬるい。
ただundergradの生徒の授業を毎日取らせてもらってるので、そこだけは違う。
もう少し聞き取れるものかと思ってたけど、こんなにダメだとは…と感じた。
まだまだ、まだまだ、まだまだ英語には時間がかかりそう。
というより、今までも十分頑張ってたつもりだったけど、足りないってことなんだろうか、と思う。



今日はテレビでマリナーズの地元開幕戦をやっていた。
日本の開幕戦と決定的に違うと思ったのは、人をもっと大事にして敬っているところ。
去年限りで30年以上のマリナーズの実況生活にピリオドを打った人がいて、
その人のために球団がものすごく盛大なセレモニーをしていた。

名前は知らないけど、ラッパーを呼んで、その歌に合わせて
マリナーズの歴代名場面とそれを彩った実況が次々と流れて行く。
そのあとは妻、妻との3人の子供、またその子供の子供の親子3代がマウンドへ。
妻が始球式をして、昨年のサイヤング投手ヘルナンデスが受けて万雷の拍手。
球場側の道が、その実況の人の名前streetに変更までされた。
そして次にはイチローが球団の安打記録を塗り替えたから、
従来の記録保持者のエドガーマルティネスがお祝いにやってくる。

このセレモニーを見てて、自然と涙がホロホロしてしまった。

日本でこんな感動的なオープニングゲームなんて見た事ない。
せいぜい一人一人名前が呼ばれるくらいかな。
他のスポーツもそうなんだけど、やっぱりアメリカのスポーツは本当に楽しい。
八百長なんかがある日本のスポーツ全般とは、まだまだかなり差がある気がする。

日本のスポーツも、もっともっといいものになってほしいと思った。


[PR]
by zuo3jiu9tian | 2011-04-09 17:28 | 在美国